ドローンの規制や免許制について

ドローン 規制の規制や免許制について書いています。
MENU

ドローンの規制や今後の免許制について

ドローン規制 免許

ドローンが一般的になるにつれ、様々な問題が発生しています。

 

日本国内でも公共施設への飛来、野球場での飛来などありました。それらの事件から、改正航空法が可決し、2015年中には施行が決定しています。

 

ドローン規制 免許

今後は、ドローンを免許制や事業者登録制にしていこうという動きが活発になることが予想されます。

 

実際、あらゆる事象を法で取り仕切る傾向の強いアメリカでもドローンに対して免許制が良いのではないかという議論まで起こっています。

 

ですので、アメリカの影響が強い日本では、その流れがくる可能性も高いですし、単純に日本で起きている事件から免許制にすべきとの声も多いです。

 

仮に免許制になった場合には、どんな資格が必要になるのかと言えば、現段階では、第三級総合無線通信士と総務省が検討しています。しかし、第三級総合無線通信士が必要なのは半径5キロ以上の飛行可能範囲を持つドローンに限りますので、市販のドローンではそのようなものは、ほとんどありませんので免許制にする意味がないのでは?との声も上がっています。

 

ドローンに限らず、技術の進化に実社会の規制や利用規制が追い付かないことはままありますがドローンこそまさしく典型的な事例です。

 

ドローンはビジネスとしての利用価値が高い

急に注目されるようになったドローンですが、一連のドローン事件のような、厄介ものとしての存在ではなく、ビジネスとして高い可能性があるという点で注目されたいというのが、ドローンに真面目に関わっている方々の本当の気持ちだと思います。

 

ドローンでは、こんな空撮が可能になります。

 

ドローンの活用方法としては、空撮、人員が危険にさらられるような場所へのドローン利用、さらにはあらゆるエンターテインメントでの利用などです。こうしたビジネスでの活用に関しては、拡大して欲しいというのが率直な意見ですが、個人利用については、認可制や許可制など法制化は必要です。

 

ドローンのメリットの一つである、価格が安いというのが逆に、盗撮や、いたずら目的などでドローンを利用する一般人の助長に繋がっているのが何とも嫌な部分ではありますが、免許制などによって法整備が進めば、ある程度問題なく運用ができていくのではないかと思います。

 

しかし、免許制にしたところで、一般的に販売されている限りは規制にも限りがあります。もし、今後ともドローンを利用したトラブルが発生する可能性が高い場合は販売時において、販売事業者の選定、さらに購入者にも身分証明書に利用目的の明記をしてもらうといったところまで必要になるのではないかと思います。

 

こうして、トラブルを防ぐ規制とさらなる利便性を高める推進については背反するところであり、議論を重ねていくべきです。

 

 

ドローンを有名にしたのは、これではないでしょうか?

ドローンは少し前までは、ほとんどの人が知らなかったのではないでしょうか?一気に有名になったのは、ニュースになったコチラの少年ではないでしょうか?

 

ドローンのような有用なモノの知名度が上がるのは、うれしいですが、こういった形で有名になるのはちょっと残念ですね。

 

 

更新履歴
このページの先頭へ
撮影モード