ドローンとは

ドローンとは
MENU

ドローンとは

ドローンというと昨今度々ニュースを賑わせていますね。最近では飛行を規制する改正航空法が可決したり、それにともなって免許制の導入する方針を掲げたりとまだまだ安心して使用できる地盤固めが必要なものという認識があると思います。
そもそもドローンという名前は聞くけれど、いまいちどのようなものかわからないという方ももしかしたらいらっしゃるのかもしれません。
ドローンというのは小型の航空機を指します。英語でオスの蜂という意味があり、それから派生するように群体の一部や受動的に動くもの、蜂が発している音などの意味も持つようになりました。このあたりが無人機のドローンという名前の由来にもなっているのでしょう。
ドローンは空を飛ぶ小型の無人機なのだから、要はラジコンヘリと同じだろうと思うこともあると思います。確かにラジコンヘリも小型ですし、搭乗して操作するわけではありません。商業用や軍事用としての使いみちがあるという点でも同じですが、ドローンと違って自律移動ができません。ドローンは無線操作だけでなく、GPSなどを利用することによってルートを指定し、自動で運転をさせることができるのです。ですのでラジコンヘリも広義に解釈すればドローンですが、狭義で言えば別のものといえるのです。
現在ドローンが使用されているシーンは空撮が主でしょう。それ以外にも種や農薬を撒いたりといったような農業方面でも活躍しています。さらに法などが整えば宅配などにも活用できるようになると言われており、今後に期待できる分野といえるでしょう。"

このページの先頭へ
撮影モード